マネープラン

妊活前のマネープランについて

赤ちゃんを迎えるにはいくらお金がかかるのでしょうか。
妊活だけではなく、妊娠、出産、育児と、子供が生まれるには様々な費用を必要とします。
具体的にシュミレーションしてみて、生活の改善点があれば、早めに改善しておくことも大切なことと言えます。

妊娠すると、妊婦健診で、定期的に受診する必要があります。
自治体によって補助が出る場合もありますが、実費のところもあるので、確認しておくと安心です。
出産時でも、出産一時金を受け取ることができますが、入院、出産費用は、それよりもいくらか多い事が一般的です。
無痛分娩や、帝王切開などになった場合には、追加料金が発生します。

子供が生まれた後でも、ベビー用品や、洋服、おむつやミルクなど毎月の諸経費はかさみます。
子供の将来の為の学資保険を掛ける場合もあるでしょう。
学資保険は、子供年齢が小さければ負担も少なくなるのが一般的です。
妊娠中から入れる学資保険もあるので、妊活中から資料集めをして相場を確認しておいても早くはありません。

妊活でも、生理不順や、排卵異常の症状がある場合は、受診料が必要になります。
不妊治療になると、治療の種類によっても費用が変わってきます。
タイミング法だと、1万円程度、人工授精だと、3万円程、体外受精や、顕微鏡受精になると、30万から50万がおおよその相場となります。

妊娠前の妊活中に、女性特有の保険に加入しておくと、帝王切開などになった場合に保険を適用できます。
女性用の保険は、妊娠していたり、婦人病の疾患があると、加入できない場合があるので、妊活中に入っておくと安心です。
妊活、妊娠、出産、育児と、目まぐるしく忙しいなかでも、様々な費用は発生します。
働いている場合は、仕事を続けるのか、辞めるのか、休暇をとるのか等の決断も迫られます。
そのタイミングによっても、マネープランが変わってきます。
妊活中にパートナーと具体的な部分を含めてじっくり話し合って、納得できるプランを立てる事が重要です。