マネープラン

妊活と卵子の関係

卵子は、妊娠に必要不可欠なもので、一人ひとり限られた個数しか持っていない貴重なものです。
月に一回の排卵時に一つづつ排卵され、受精卵とならなかった場合には、月経として対外に排出されているものです。

生まれながらに持っている卵子は、年齢と共に、老化していきます。
少しでも老化を防ぎ、良い状態に保つことが妊娠しやすい卵子を排卵することに役立ちます。
質の良い睡眠や、バランスの良い食事、適度な運動を習慣づけることが、健康な卵子を保つことにつながります。
体の細胞は、眠っている間に修復します。
良質な睡眠は、排卵していない卵子を守ってくれる作用があります。

体が冷える事も、卵子を危険にさらすことにつながります。
体が冷えるという事は、血流が悪いことなので、新陳代謝が滞ることにもつながります。
体を温めたり、程よい運動をして、血流をよくすることが、体の代謝を促し、健康な卵子を保管するのに役立ちます。

卵子は、毎月排卵という形で、一つづつ排出されます。
しかし、体の機能がうまく作用しないと、排卵をせずに、卵子が排出しない事があります。
これが、不妊につながるのです。
女性ホルモンのバランスが崩れたり、ホルモン自体が少なくなると、排卵が上手にできなくなります。
女性ホルモンは、疲れや、ストレスなどの、身心の影響を受けやすい特徴があります。
生理不順や、月経困難なども、女性ホルモンの働きがうまくいかないことも起因しています。

妊活するにあたっては、女性ホルモンのバランスを整えて、毎月きちんと排卵できる状態にすることが不可欠です。
限られた卵子を毎月定期的に排卵させて、妊娠のチャンスを増やすためにも、規則正しい生活や、バランスの取れた食事が必要です。
また、血流をよくするためには、体を冷やさない事も大切です。
日ごろから、継続できる運動を心がけ、血行を促す事も重要と言えます。
また、程よくストレスを発散し、精神的にも安定した生活ができるように努力することも必要です。