マネープラン

食生活に肉料理もプラス

ダイエットの為や、ヘルシー志向などで、肉料理を避けてはませんか。
野菜中心の食生活は、健康的なイメージですが、肉料理もしっかり食べないと、妊活にとって必要な栄養素が不足する事態になってしまいます。

肉料理には、動物性のタンパク質が豊富に含まれています。
タンパク質は、体の髪の毛や皮膚、骨などを生成するのに役立ち、また、エネルギー源んとなり、体を動かすことにも役立ちます。
タンパク質には、肉や魚由来の動物性のタンパク質と、大豆などの植物性のタンパク質の二種類があります。
動物性のタンパク質は、植物性のタンパク質よりも、体への吸収力が高い事が分かっています。
また、肉などに含まれているコレステロールは、妊活に不可欠な女性ホルモンを作るためには欠かせない存在です。
コレステロール不足は、女性ホルモンの不足を招く危険があり、生理不順や、月経困難、排卵障害などを誘発します。

牛肉の料理には、動物性のタンパク質以外にも、女性にとって大切な鉄分も含まれています。
鉄分も、ホウレンソウなどの植物から摂取するよりも、牛肉などの動物から摂取した方が吸収が良いことが分かっています。
豚肉には、ビタミンB類が含まれており、体の調子を整えたり、肌の調子を整える役割を果たしてくれます。

また、男性にとっても、肉料理が好物な人は多いです。
肉料理は精力促進につながり、エネルギー源にもなるので、男性の妊活としても有効なものと言えます。
食物性のタンパク質にも、動物性のタンパク質にも、良い所はたくさんあります。
動物性が特別良いという訳ではなく、どちらもバランスよく食べる事が重要です。

野菜中心、豆腐や納豆中心の食生活は、ヘルシーで健康的なイメージですが、それだけではなく、肉や、魚、卵や牛乳などもバランスよく取り入れる事が、健康な体作りに欠かせないと言えます。
何かを偏って減らしたり、増やしたりするのでなく、食べ物にはそれぞれの効果があるので、上手に組み合わせてた食べる事が、体の調子を整える事につながると言えます。