マネープラン

仕事と両立のコツ

自分の日ごろの生活習慣を整えたり、適度な運動を仕事外の時間を使ってするのも立派な妊活です。
ちょっとしたことに気を付けたり、自分の余暇を使ってする分には一人もしくはパートナーと二人でできる妊活です。
しかし、通院などで、仕事を休まなければならなくなった場合には、周囲の理解が求められます。

生理不順などの症状があり、一度病院で診てもらって、通院が必要になった場合などの妊活では、職場に理解してもらう努力が必要となってきます。
また、自己流の妊活をしている場合でも、妊娠した場合の進退や、出産、育児の為の休暇の件などを事前に話し合う必要もあります。
まずは上司に報告して、相談することが必要となってきます。

妊活中は、いつ妊娠できるか正直分からない部分が多いです。
妊娠すると、つわりや、体調不良で、仕事を休まざるを得ない状況が出てくることも考えられます。
初めから、上司に相談しておくことは、大変重要になってきます。
今まで大切に培った仕事での人間関係を壊さないように、こちらがまず配慮することが重要と言えます。

病院へ通院しなければならない場合は、決まった通院以外にも、突発的に病院へ赴く機会も出てきます。
そんな時に、気まずい思いをせずに、病院へ送り出してもらえる環境を作ってもらう努力が必要と言えます。

しかし、職場の理解がどうしても得られなかった場合などは、やむを得ず転職や、退職という事も念頭に置いておく必要があります。
ストレスは、妊活においては特にホルモンバランスを崩す原因などになるので、良くありません。
妊活を優先するのであれば、そのような選択を迫られる可能性があるという覚悟も持っておかなければならないのが、現代社会の現状です。

理解のある職場だと、仕事と両立する事も出来るかもしません。
しかし、職場にはいろいろな考えを持った人がたくさんいるのも事実です。
理解してくれる人とそうでない人も存在するということを、忘れずに、感謝の気持ちを持つことが、仕事と両立するためのコツと言えるでしょう。