マネープラン

妊活に向いている漢方とは

妊活中に試したい漢方の主な役割は、体質改善と言えます。
冷え性を改善したり、生理不順を整えたりの効果が主な役割と言えます。
そのような役割をはたしてくれる漢方には、どのようなものがあるのでしょうか。
貧血傾向で、体が冷えやすい症状には、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)という漢方が向いています。
血を作りだす役割もあるので、血行促進して、血のめぐりをよくして体を温めてくれる効果もあります。
生理不順や、生理痛などにも効果があります。

当帰芍薬散よりも、当帰の成分が多く配合されている婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)という漢方もあります。
婦宝当帰膠は、当帰芍薬散よりも、血液を作る効果が高いので、経血が少ない人などに向いています。
貧血気味の人や、冷え性、疲れやすい、やせ形の人などに処方されることが多い漢方と言えます。
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)という漢方は、ほとんどの婦人病に対応している漢方で、生理不順などに有効とされています。

卵巣の機能改善などには、八味地黄丸(はちみじおうがん)の漢方が処方されることもあります。
男性向けに処方される漢方には、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)と呼ばれるものもあります。
元気が出る効果があります。

漢方薬のいいところは生薬を使っているので副作用が製薬よりも少ないという点です。
体質によって合わなければ、吐き気などの症状もないとは言えませんが、薬剤師や、医師の処方を受けたものであれば、ある程度は軽減されるはずです。
また、不妊治療とも併用できるというメリットもあります。
その際には、医師の診断を仰ぐ必要があります。

漢方薬は、女性の場合は、生理周期を整えて、正しい排卵を促したり、卵巣の働きを円滑にするという役割があります。
男性の場合には、疲労回復や、滋養強壮などの効果が得られると言えます。
妊娠しやすい体質に改善するためには、漢方薬は、適切に利用すれば有効な場合もあると言えます。